【「過去の選択で今の自分がある」は嘘⁉】自己肯定感や自信のない人ほど自分語りする

こんにちは、心理カウンセラーです。

今回は世間でよくいわれがちだからこそ、多くの方が間違ってしまう問題の真実をお伝えします。

それは「時間の流れ」の話です。

【理由】「過去の選択で今の自分がある」は間違っている

精神科医Tomyの自分をもっと好きになる 「自己肯定感」の育て方

断言しましょう。

 

「過去の選択の繰り返しで今の自分ができあがっている」

 

これは「間違い」です

 

これまで生きてきたことを考えたら、過去の選択で今の自分があるのって当たり前じゃない?

 

悠

誤解しやすいところですが、違います。

よくいわれる「今の自分は過去の選択でできあがっている」は、「だから未来の自分は今の自分の選択でできあがる」の根拠として使われます。

それが間違いです。

それはメルマガやらコンサルやらに「さあ今すぐ契約するんだ!」と時間制限をつけて迫りたいだけの、軽薄な言葉です。

 

過去の意味は?【本当に重要なのは現在】

うまくいっている人の考え方 完全版

ですがよく考えてみてください。

 

過去に何の意味がありますか?

 

「歴史は勝者の記録」なんてよく言うように、過去のことはいくらでも改ざんできます。

人間の記憶だってそうです。

いくらでも自分に都合よく変えられます。

いつの間にか、自分の意思とは関係なく変わっていることすらあります。

悠

つらい過去やトラウマがあると確かに「過去に意味はない」なんて言葉は受け容れがたいでしょう。

うん、受け容れづらいな…

やっぱり苦しんだ過去があるから今の自分があるって思うしさ

ですが過去はいくらでも変えられます。

そして変えたところで意味はありません。

さらに未来には、何があるかわかりません。

そう考えると……

 

重要なのは「今だけ」です。

 

砂時計の落ちた砂は上には戻りません。

それなのにどうして、落ちた砂を拾い集めて語る必要がありますか?

その砂を拾い集めている間にも、あなたは新たな砂を落としているというのに。

 

【すべては自己肯定】過去の話をする理由は?

あなたの人生がつまらないと思うんなら、 それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。 1秒でこの世界が変わる70の答え

どうしてたくさん、いろんな方が過去の話ばかりするのでしょう?

 

すべては「今の自分」に自信をもたせるためです。

 

もしくは「今の自分がダメな言い訳をするため」です。

 

【トライアングル】「好かれる人」と「自信」と「幸せ」の関係

 自信がなくても行動すれば自信はあとからついてくる ――マインドフルネスと心理療法ACTで人生が変わる

自分に自信がある人はそれだけで好かれます

人から好かれるために自分を変える必要はありません。

そのうえ自分を好きな方がたくさん寄ってきます。

頼られたり、助けてもらえたりします。

頼られて幸せを感じる人なら、好かれているからこそたくさん頼られて幸せ。

自分で動きたくない人なら、自分を好いてくれる人が勝手に動いて助けてくれて幸せ。

ありのままで好かれます。

 

【錯覚】「今の自分は過去の選択の繰り返しでできている」わけではない

照屋華子、岡田恵子著「ロジカル・シンキング」

しかしだからといって、

あなたは実は、自分に自信のある人だよ

と伝えられてもすぐさま自覚はできません。

自信はもてません。

当然です。

だって今までいっぱい失敗してるんだよ?

自分に自信なんてもてるわけないじゃん…

悠

そう。まさにそこが間違い、勘違いポイントです。

「今選択すること」と「今の自分に自信があること」とは違います。

 

「今の自分に自信がある」から「今選択できる」
「今選択できた」から「今の自分に自信がもてる」

 

そんな「今が今につながる」因果関係なのです。

 

しかし「今の自分は過去の選択の繰り返しでできている」という言葉は……

悠

今選択「させる」ことで「自分はすぐに行動できるほど自信のある人間だ」と錯覚させる、究極の詐欺です。

「させられた」選択で本当に自信がもてるわけがありません。

 

【進化学・社会心理学】人間の行動原理とは

図解:眠れなくなるほど面白い社会心理学(2021/09/15現在Kindle版無料)

人間は現在か未来のために行動する生き物です。

過去のために行動する生き物ではありません。

 

人間は(無意識にでも)損得を考えて選択する生き物です。

得のない過去のためには行動しません。

 

人間が過去を振り返るのは、今の自分を認めたいからです。

 

【自分語りに表れる自己否定感】自己肯定感の低い人ほど過去を振り返る

「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本

今の自分を本心から認められている人は、わざわざ過去を振り返ったりしません。

未来への希望や今やるべきことで手一杯になります。

最近の言葉でいうなら

悠

自己肯定感の低い人ほど、今の自分を認めるために過去を振り返る

です。

すなわち

悠

過去を振り返る人は、心の底では自信のない人

なのです。

本当は過去のことなんて一切考える必要はありません!

あなたが考えるべきは、

  1. 将来どうしたいか
  2. そのためには今どうすればいいか

たったそれだけです。

 

【本当に考えるべきは?】今不安な人への救いの手段

「どうせ無理」と思っている君へ 本当の自信の増やしかた

そんなこといきなり言われたってねえ…

悠

そう思うのも、とても自然なことです。

安心して大丈夫ですよ。

 

「未来の自分へつながるように、今の自分は選択している」

 

悠

この感覚、考え方は、突然言われたところでよほど自分に自信がない限りわからないでしょうが、とても重要なので頭の片隅にでも置いておいてください。

私はただ、あなたが本当の意味で自分に自信をもてるその日まで、

  • 選択肢を示し
  • あなたの望む未来に近い道を示し
  • あなたの決断を見守ります

それだけです。

悠

もしあなたが望むのであれば、後押しも激励もいたします。

私は幸せになりたい人の味方ですから。

 

それで何になるんだよ!!

そうかもしれません。

けれどどうか「本当は自信も自己肯定感もないくせに商品を売りたいだけの人」に騙されないで。

本当にあなたの望む未来を得られる選択をしてください。

私が望むのは、あなたの幸せです。

 

PS.このページを深く知りたい方へ

「不安を拭う当然の考え方」については現在はるかが執筆中です。

少々お待ちくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました